Visual EditorのEclipse3.6へのインストール手順です。Visual EditorはSwingのGUIコンポーネントをマイクロソフトのVisual Studioのようにビジュアルなエディタで配置できるEclipseのプラグインです。
なお失敗が心配な人は、インストール前にEclipseのバックアップと変更したTomcatの設定ファイルのバックアップを取ったほうがよいでしょう。

設定環境

  • OS:Windows 7 Ultimate 64bit
  • Java:6.0.20 64bit
  • Eclipse 3.6.0 (Helios)

名称

  • {ECLIPSE_HOME}:eclipseフォルダ

■ダウンロード

Visual Editorは開発がEclipse公式ドメインで配布されているプラグインですが、一時期は最新版のEclipseに対応されずに試行錯誤してインストールしたり、また3.4や3.5に対応したと思ったら、執筆時点(2010/10/08)では3.6に対応できておりません。このため非公式に3.6に対応されているehecht.comで公開されているプラグインを利用します。なおehecht.comにも書かれている通り、自己責任で利用してください。

1. ehecht.comからダウンロードを行ないます。Eclipseのインストール機能は利用できないので、プラグインを直接ダウンロードします。

■インストール

1. ダウンロードしたプラグインのZIPアーカイブ(ve_eclipse_36_win32_201008292115.zip)を解凍します。

2. 解凍するとfeaturesフォルダとpluginsフォルダが作成されるので、この2つのフォルダを{ECLIPSE_HOME}のに上書きコピーします。ここで不安な方は元の{ECLIPSE_HOME}のバックアップを取っておきましょうj。

  • {ECLIPSE_HOME}/features
  • {ECLIPSE_HOME}/plugins

なお他の2つのファイルはライセンスと利用規約です。

3. 正しく配置されたことを確認します。メニューバーの[新規] – [その他]でウィザードの選択画面を開き、SwingもしくはAWTを見つけます。開くと「XXX ビジュアル・クラス」が選択できるようになっているので選択して、クラスを作成します。ここではSwingのJDialogを選択します。

4. ビジュアルエディタが表示されればインストールの完了です。



One Response to “Visual Editor インストール(Eclipse3.6)”

  1. xxx より:

    Hi superb website! Does running a blog such as this take a great deal of work?
    I’ve virtually no knowledge of programming however I had been hoping
    to start my own blog in the near future. Anyways, if you have any recommendations or tips for new
    blog owners please share. I understand this
    is off subject nevertheless I simply needed to ask. Thanks!

Leave a Reply

preload preload preload