Linuxで作業履歴を残さない方法のメモです。rootユーザなどbash_historyにコマンドの実行履歴を残したくない場合に設定します。

動作確認OS

  • Scientific Linux 6.0

設定は個別のユーザであれば~/.bash_profile、全体であれば/etc/profileに設定します。個別のユーザの場合、用途によっては~/.bashrcでも構いませんが、個人的にはメリットは感じません。

■ログアウト時に履歴を消す
ログイン時のみ履歴を残し、ログアウト時に履歴を削除します。

[root]# vi ~/.bash_profile
unset HISTFILE #ログアウト時に履歴を削除する
[root]# history
    1  history
[root]# ls
[root]# ll
[root]# history
    1  history
    2  ls
    3  ll
    4  history
[root]# exit
[user]$ su -
[root]# history
    1  history

 
■常に履歴を残さない
ログイン中のコマンドなど、常に履歴を残しません。

[root]# vi ~/.bash_profile
export HISTSIZE=0 #常に履歴を残さない
[root]# history
[root]# ls
[root]# ll
[root]# history

 



Leave a Reply

preload preload preload