2011/10/8(土)にCEATEC2011に行って来ましたので、AndroidウォークマンとSony Tablet Pについての簡単にレポートします。Sony Tablet Sは以前「Sony Tablet Sを買ってみた(初期導入編)」を書きました。

Androidウォークマン「NW-Z1000」

展示されていたAndroidウォークマンは「NW-Z1000」シリーズ。といっても、Android最初の製品なので、まだこれしかありません。


まず音楽を聴いた感じではかなり音質がいいです。普段は1,500円くらいのイヤホン使ってて、音については完全なド素人ですが、ド素人視点では十分なほどに音質は満足できます。もしかするとヘッドホンが良いやつで、っていうツッコミもあるかもしれませんが、その可能性もあります。そんな疑い深い人は両方共買えば大丈夫です。


高音質なAndroidウォークマンとヘッドホン

Android端末としての評価ですが、まずレスポンスは問題ありません。少し前の端末ならモッサリ感もあったかもしれませんが、最近ってあるんですかね?下手にスペックアップして、発熱が増えるのであれば、このままでいいと思います。端末の大きさはスマートフォンよりも少し大きです。この大きさはネット用途では断然使いやすそうです。もし3G通信専用端末として発売されれば、同社のSo-netのドコモ回線と一緒に出せばヒットするかもしれません。そうなれば私は買います。


至って普通のAndroid


ウォークマンっぽい?


製品ページ:http://www.sony.jp/walkman/lineup/z_series/
 

Sony Tablet P

docomoから発売予定の3G対応の端末です。折りたたみできて、コンパクトに持ち運べ、さらに大画面ってのが売りっぽいですけど、これはガッカリ製品。片手で持つには大きすぎですし、両手で持つとソフトウェアキーボードを押せません。ノートPCのように使うなら断然Sony Tablet Sがいいでしょう。ソニーはこのサイズでいつもヘンテコリンなもんを作ってるイメージがあります(PSP除く)。


両手でこれを打つのは辛い


枠の指紋が目立つ

製品ページ:http://www.sony.jp/tablet/products/P1/



Leave a Reply

preload preload preload