待ちに待ったBulldozerことAMD FXがようやく発売されたので、早速8コア最上位のFX-8150を購入してみました。各レビューサイトのベンチマークの結果により、前評判の悪かったFX-8150ですが、水冷セットの販売開始日の2011/11/4(金)には、秋葉原の各ショップでも数個ほどしか入荷が無かったらしく、朝から争奪戦でした。今回購入したCPUがAMD FX-8150(31,800円(セット割2,000円))、マザーボードがCrosshair V Formula(19,980円(セット割3,000円))です。

AMD FX-8150

簡易水冷のCPUクーラーが付いていることもあり、箱は電源並みの大きさです。初回出荷は簡易水冷付きは33,800円、空冷は24,800円と設定されてます。性能の割に高いという意見がありますが、PhenomII X6 1090Tのときも水冷付きと同じくらいの値でしたし、数年前までのミドルレンジくらいの値なので、PCパーツが好きな人なら全然許容出来る範囲です。


Llanoの箱と比べるとこんなに違う


CPUの箱はAMDのサーバ用CPUの箱と同じサイズかな?


簡易水冷はFXの文字が少し赤みがかかって光る。けど、どうせならAMDの文字が光ればいいのになぁ


簡易水冷のファンをコントロールするソフト付き








 

Crosshair V Formula

最高クロックのギネス記録を叩き出したマザーボードがこれです。散々レビューし尽くされてるので、オレのような素人がどうこう言うことはありません。ただハイエンドならUSB3.0はルネサスが良かったです。AMDのマザーボードはこういうところの気遣いが無いのが嫌です。


AMDの赤ですが、配色はGIGABYTEのUD7の方が好きですw


CPUの田コネがカバー付きを合わせて3つあります。3つщ(゚д゚щ)カモーンってことなのか、田コネ同士が近くないと挿せない電源ケーブル向けでしょうか?


こういうシールって誰得なんでしょう?







 

■評価環境

以下の環境でベンチマークを計測しました。各OC状態での比較と、他製品との比較を載せています。

ベンチマーク環境
FX-8150

Llano

SandyBridge

共通

※A8-3850については間に合わず現在計測中です。近日中にアップいたします。構成は異なりますが、参考程度でしたら前に計測した以下をご覧ください。
Llano(A8-3850)レビュー

BIOS設定



 

■性能比較(オーバクロック)

UEFI/BIOSの共通設定は以下のように設定しました。

  • 省電力機能を無効
  • メモリ関連(周波数、レイテンシ、電圧など)を固定値に設定
  • Load-line Calibration(負荷が高い場合も電圧を下げない)をUltra Highに設定
  • CPU温度監視を無視
  • Turbo Core無効

各オーバクロック設定は以下のようにしました。

  • クロック周波数3.6GHz、電圧1.2625V
  • クロック周波数3.9GHz、電圧1.35V
  • クロック周波数4.2GHz、電圧1.375V
  • クロック周波数4.5GHz、電圧1.45V
  • クロック周波数4.7GHz、電圧1.475V



8コアは全て有効にしています。OCはUEFI/BIOS上で行なってます。4.5GHzまでは3GHzずつ上乗せしてますが、最高クロックは4.7GHzです。今回の評価環境では倍率のみの変更では、4.7GHzまでしか上がりませんでした。

ベンチマーク結果のグラフは画像は小さくしていますので、クリックして拡大してください。温度と消費電力以外は結果の比をグラフにしています。

CPU

ベンチマークソフト 3.6GHz
1.2625V
3.9GHz
1.35V
4.2GHz
1.375V
4.5GHz
1.45V
4.7GHz
1.475V
PCMark Vantage 7953 8290 8863 9039 9095
PCMark 7 2428 2566 2651 2740 2821
3DMark Vantage CPU (Extreme) 18398 20103 21291 23001 23913
CINEBENCH 11.5
マルチコア
5.9(pts) 6.39(pts) 6.88(pts) 7.3(pts) 7.7(pts)
CrystalMark 2004R3
整数演算
44524 47521 51522 55113 57816
CrystalMark 2004R3
浮動小数点演算
40766 45605 48129 51884 54087
SuperPI/mod1.5XS
1M
23.837(秒) 22.277(秒) 20.607(秒) 19.36(秒) 18.408(秒)


 
グラフィックス

ベンチマークソフト 3.6GHz
1.2625V
3.9GHz
1.35V
4.2GHz
1.375V
4.5GHz
1.45V
4.7GHz
1.475V
3DMarkVantage
GPU (Extreme)
12757 13003 13080 13097 13148
3DMarkVantage
GPU (HIGH)
16041 16478 16578 16935 17084
3DMark Vantage
GPU (Performance)
19849 21052 21409 21961 22323
3DMark 11
(Performance)
6191 6312 6390 6438 6484
CINEBENCH 11.5
OpenGL
44.14(fps) 46.79(fps) 50.09(fps) 53.63(fps) 56.55(fps)
FF14
HIGH
3821 4253 4535 4597 4791


 
消費電力

ベンチマークソフト 3.6GHz
1.2625V
3.9GHz
1.35V
4.2GHz
1.375V
4.5GHz
1.45V
4.7GHz
1.475V
消費電力(全体)
アイドル
116(W) 130(W) 136(W) 155(W) 165(W)
消費電力(全体)
高負荷(Prime95)
258(W) 308(W) 334(W) 403(W) 433(W)
消費電力(CPUのみ)
アイドル
31(W) 44(W) 48(W) 計測不可(W) 計測不可(W)
消費電力(CPUのみ)
高負荷(Prime95)
147(W) 193(W) 221(W) 計測不可(W) 計測不可(W)


CPU単体での消費電力は240Wまで対応で、4.5GHz以上は確実に超えるだろうと思い、止めました。クロック周波数というよりも電圧に左右されるものだと思います。1.45は最初にOCした際の設定でしたが、電圧盛り過ぎでした。
 
温度

ベンチマークソフト 3.6GHz
1.2625V
3.9GHz
1.35V
4.2GHz
1.375V
4.5GHz
1.45V
4.7GHz
1.475V
温度(マザーボード検知)
CPU高負荷(Prime95)
45(℃) 50(℃) 54(℃) 63(℃) 68(℃)
温度(マザーボード検知)
CPUアイドル
32(℃) 34(℃) 34(℃) 39(℃) 39(℃)
温度(CPU検知)
CPU高負荷(Prime95)
30(℃) 37(℃) 41(℃) 50(℃) 56(℃)
温度(CPU検知)
CPUアイドル
13(℃) 17(℃) 17(℃) 23(℃) 26(℃)


AMDのCPUの温度センサーは当てにならないので、マザーボードの検知してる温度を参照したほうが良いと思います。
 
各種ベンチマーク
画像は大きいので参照する場合は、保存しご参照ください。

 

■性能比較(他製品)

UEFI/BIOS設定は、ほぼデフォルト設定(省電力、Turbo機能有効、定格周波数、電圧自動)とし、変更は以下のように設定しました。

  • メモリ関連(周波数、レイテンシ、電圧など)を固定値に設定
  • Load-line Calibration(負荷が高い場合も電圧を下げない)をUltra Highに設定
  • CPU温度監視を無視

A8-3850との比較は後で公開します。

CPU

ベンチマークソフト AMD FX-8150
3.6GHz(8C/8T)
Sandy i7-2600K
3.4GHz(4C/8T)
Llano A8-3850
2.9GHz(4C/4T)
PCMark Vantage 8865 6695 0
PCMark 7 2541 3382 0
3DMark Vantage
CPU (Extreme)
18642 26136 0
CINEBENCH 11.5
マルチコア
5.9(pts) 7.49(pts) 0(pts)
CrystalMark 2004R3
整数演算
47224 80658 0
CrystalMark 2004R3
浮動小数点演算
43573 71514 0
SuperPI/mod1.5XS
1M
20.951(秒) 9.797(秒) 0(秒)


CPUベンチマークは圧倒的にインテルのi7-2600K有利です。
 
グラフィックス

ベンチマークソフト AMD FX-8150
3.6GHz(8C/8T)
Sandy i7-2600K
3.4GHz(4C/8T)
Llano A8-3850
2.9GHz(4C/4T)
3DMarkVantage
GPU(Extreme)
12888 13323 0
3DMarkVantage
GPU(HIGH)
16517 18361 0
3DMarkVantage
GPU (Performance)
20481 25842 0
3DMark 11
(Performance)
6227 6695 0
CINEBENCH 11.5
OpenGL
49(fps) 59.46(fps) 0(fps)
FF14
HIGH
4186 6202 0


グラフィックスでこの感じだとゲームもi7-2600K有利(´・ω・`)
 
消費電力

ベンチマークソフト AMD FX-8150
3.6GHz(8C/8T)
Sandy i7-2600K
3.4GHz(4C/8T)
Llano A8-3850
2.9GHz(4C/4T)
消費電力(全体)
アイドル
92(W) 87(W) 0(W)
消費電力(全体)
高負荷(Prime95)
266(W) 214(W) 0(W)
消費電力(CPUのみ)
アイドル
8(W) 15(W) 0(W)
消費電力(CPUのみ)
高負荷(Prime95)
163(W) 119(W) 0(W)


CPU単体については前に計測したときよりもi7-2600Kのアイドルが上がっているため、計測機器の不具合もあるかもしれません。いずれにしても、Load-line CalibrationをUltra Highにした状態で、負荷ツール回すと、TDP枠は超えてきそうです。
 
温度

ベンチマークソフト AMD FX-8150
3.6GHz(8C/8T)
Sandy i7-2600K
3.4GHz(4C/8T)
Llano A8-3850
2.9GHz(4C/4T)
温度(CPU検知)
CPUアイドル
9(℃) 30.75(℃) 0(℃)
温度(CPU検知)
CPU高負荷(Prime95)
30(℃) 63.5(℃) 0(℃)
温度(マザーボード検知)
CPUアイドル
30(℃) 0(℃) 0(℃)
温度(マザーボード検知)
CPU高負荷(Prime95)
43(℃) 0(℃) 0(℃)

A8-3850を含めた詳細なベンチマーク結果は近日中に公開予定です。
 

TSUKUMOで購入
クレバリーで購入
ドスパラで購入
TWOTOPで購入
フェイスで購入



One Response to “Bulldozer(FX-8150) レビュー”

  1. Krystyna より:

    Hello webmaster do you need unlimited content for your blog ?
    What if you could copy content from other sites, make it pass copyscape
    test and publish on your site – i know the right tool for
    you, just search in google:
    loimqua’s article tool

Leave a Reply

preload preload preload